人口減少時代をグラフで読み解く

人口減少の時代に起きる様々なことをグラフにして考察

日本の在留外国人数は322万人で過去最多で2023年は26万人増で年間増加で過去最多

日本の在留外国人数 2006~2023年

※2023年6月時点のデータ

出入国在留管理庁:https://www.moj.go.jp/isa/publications/press/13_00036.html

www.e-stat.go.jp

在留外国人は永住者や中長期在留者などで、3カ月以下の短期滞在者を含まない。

 

 

【増加した外国人数を国別で見ると94%がアジア】

在留外国人で増加した国別

2015年から2023年に在留外国人は105万人増加してますが、その内98万人(94%)がアジアの地域が寄与してました。

 

ベトナム:39万人増

中国:13万人増

ネパール:10万人増

インドネシア:9万人増

フィリピン:8万人増

 

 

【2022年6月から2023年6月の増加が過去最高】

年度 増減
2007 68,054
2008 64,453
2009 -31,305
2010 -51,970
2011 -55,643
2012 -44,852
2013 15,467
2014 37,480
2015 86,289
2016 134,496
2017 164,070
2018 165,793
2019 192,165
2020 56,488
2021 -62,339
2022 138,404
2023 261,889

年間の在留外国人数の増減を見ますと、2023年に急増しているのが分かります。

新型コロナの緩和による影響が大きいのを考慮しても、それでも前年比2倍なのは世界的に見て移民が急増している影響もあると思います。

 

【2022年の移民過去最多610万人 先進国の人手不足背景】

www.youtube.com

【2022年の1年間の移民人数を国別で比較】

2022年の1年間の移民人数を国別

「移民」と「在留外国人」の意味は国によって定義が異なり統計方法も異なりますが、「在留外国人」は「移民」に含まれます。

日本では移民を受け入れてないように国民に訴えていますが、2022年の26万人の増加を他国と比較すると、移民大国と遜色ない人数になっております。

 

【コロナ前と比較して増加した国は、ネパールとインドネシア

news.yahoo.co.jp